ジャニーズ出演ドラマで「1番期待しているドラマは?」アンケート結果が発表!

ほとんどのドラマの初回が放送されました。

今クールも、ジャニタレが出演するドラマがたくさんあります。

その中で、「1番期待しているドラマは?」というアンケート(実施:4月9日~17日)の結果が発表されました。
geinouranking






<関連商品>
アルジャーノンに花束を


1位は、山下智久主演の「アルジャーノンに花束を」でした。

原作は、大人気なのでわからないでもないのですが、ちょっと意外でした。

と言うのも、山下の演技を酷評する声が多かったので、期待度からすればかなり低いのではないかと思ったからです。
芸能ブログ 芸能裏話・噂


以前に、同作はユースケ・サンタマリア主演でドラマ化されています。

ユースケと山下の演技を比較する視聴者もいるようです。

ユースケの演技が素晴らしかっただけに、山下の棒読み演技に不満を感じる人もいるというのです。


芸能 山下智久の「アルジャーノンに花束を」での演技が下手だという声が続出!
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
geinou reading


1番期待されているということは、山下の演技を酷評しているのは、一部の視聴者だけなのかもしれませんね。

名作だけに、今後の山下の演技がさらに注目されます。


2位は、SMAP・木村拓哉主演の「アイムホーム」でした。

木村が、父親役を務めるということで話題になりました。

木村は、何を演じてもキムタクと言われていますが、今作でそのイメージが大きく変わりそうです。


最近は、ただカッコいいだけの役から、ホームレスや情けないサラリーマンなど、幅広い役を演じるようになってきました。

年齢的に、カッコいいだけの役しかできないようでは、俳優としてやっていけないと思います。

そういう意味では、いろいろな役に挑戦することはよいことだと感じます。


個人的に、ちょっと泥臭い人間味のある役の方が好きですね。

その中に、少しだけカッコいいところが盛り込まれていれば、それはそれでキムタクらしさも残せるのではないでしょうか?

今後、木村がどのような役に挑戦するのか期待したいですね。


同ドラマについて、木村の記憶喪失の裏には何か大きな秘密があるようで、今後の展開がとても楽しみです。

まだまだ残された鍵もたくさんあります。

それも、どこの鍵なのか気になりますね。


芸能 木村拓哉「アイムホーム」の視聴率が明らかに!上戸彩の妊娠報道にジャニーズが異例の低姿勢!?
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking


3位は、嵐・相葉雅紀主演の「ようこそ、わが家へ」でした。

原作が池井戸潤氏であることや、沢尻エリカがヒロインに起用されたことで、放送開始前から大きな話題になっていました。

演技力に不安があると言われている相葉だけに、ファンはかなり心配していたようです。

思ったより、相葉の演技力を酷評する声が少ないようでよかったです。


相葉たちが、今後ストーカーとどのように闘っていくのか非常に興味深いですね。

そして、誰がストーカーなのか?

ドラマが進むにつれて、視聴率が上っていくのではと思います。


芸能 相葉雅紀と月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」で共演する沢尻エリカの仲を取り持つ意外な人物とは?
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking


4位は関ジャニ∞・大倉忠義出演の「ドS刑事」、5位はHey!Say!JUMP・伊野尾慧出演の「戦う!書店ガール」、6位はV6・井ノ原快彦出演の「警視庁捜査一課9係」でした。

スポンサーリンク


放送開始前に話題になっていたドラマが多いですね。

ドラマ不況時代ということで、たくさんのドラマが思ったほど視聴率が伸びずに苦戦しています。

後半にかけて、抜け出てくるドラマがあるのか、注目ですね。


[情報元:ジャニーズ研究会より]


[人気の芸能ニュース]

・自宅密会写真!武井咲とTAKAHIROが熱愛発覚!!まさか板野友美から略奪愛??
人気ブログランキング5位(芸能スクープ、今旬ナビ!!)

・洗脳?能年玲奈、事務所に無断で個人事務所を設立したのは、生ゴミ先生の影響か
人気ブログランキン12位(エンタメ芸能うわさの24時)


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界の噂



banner01

このページの先頭へ