木村佳乃は「イッテQ」で目覚めた!?東山紀之はバラエティ進出に賛成し後押し!

2010年10月に、少年隊・東山紀之と結婚した木村佳乃

1月4日に放送された「世界の果てまでイッテQ 新春2時間SP」では、木村が芸人並みのパフォーマンスを披露し、大きな話題になりました。

ジャニーズ事務所は、木村に困惑しているというのです。
geinouranking






<関連商品>
世界の果てまでイッテQ! Vol.1


木村は女優として、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得するなど、大きな成功を収めています。

ドラマ「ファーストクラス」では、見事に悪女キャラを演じ切りました。

その実力派女優が、バラエティ番組「イッテQ」に出演したのです。

しかも、ただのゲスト出演ではありません。

同番組の人気コーナー「温泉同好会」に参加したのです。
芸能ブログ 芸能裏話・噂


ロケ内容は本当にガチで、木村が特別扱いされることはありませんでした。

ゲテモノ料理を食べたり、バンジージャンプをしたり、熱湯風呂に飛び込んだり。

上品な芸人という感じで、本当に面白かったです。

ここまで、木村がやってくれるとは思いもしませんでした。


芸能 絶叫マシンに挑戦する木村!
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
geinou reading


芸能 お約束の台詞を言いながら熱湯温泉に飛び込む木村!
geinou reading
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking


4月9日発売の「週刊新潮」によると、木村は本格的にバラエティ進出を目指しているというのです。

木村は、4月14日から始まる「発見!なるほどレストラン 日本のおいしいごはんを作ろう!」で、初めてバラエティ番組の司会を務めることが決まっています。


どうして、木村はバラエティ進出に乗り気になったのでしょうか?

それは、子供にテレビで頑張る母親の姿を見せたいからだというのです。

幼い子供は、ドラマの内容が理解できません。

しかも、ドラマは放送期間が短いので、すぐに終わってしまいます。

子供のためとは意外ですね。

それ以上に、木村本人がバラエティ番組に出ることが好きなように感じましたが。


この木村の考えに、東山も賛成で後押ししているといいます。

何と、東山は知り合いのテレビ局幹部に木村を売り込んでいるというのです。

ジャニーズ事務所は、木村のバラエティ進出に困惑しているそうです。

 
(以下引用)

「この現状は、ジャニーズ事務所にとってあまり面白いものではないでしょう。かつてV6・井ノ原快彦が瀬戸朝香と結婚した際には、バラエティーやブログなどで『井ノ原の存在を匂わすこと』さえ禁止にしたと言われています。所属タレントのみならず、その家族にまで制約を設けるというのはジャニーズならではですが、同事務所の取締役でもある東山の妻・木村に対しては、そこまでのプレッシャーを掛けることも難しいのかも知れません」(週刊誌記者)

(DMMニュースより)


ジャニーズで禁止されているにも関わらず、木村は今までに東山との結婚生活や子供について語っています。

そのことが、たびたび話題になっています。

木村が、バラエティに進出すれば、さらに東山のプライベートが明かされるおそれがあります。

ジャニーズ事務所は、そのことを心配しているのでしょうね。


芸能 東山紀之の妻・木村佳乃がタブーを破っても問題がない理由!
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking


木村佳乃は東山紀之にとって「〇〇妻」!?風呂嫌いで夫婦関係に亀裂!?


瀬戸朝香にV6・井ノ原快彦についての質問が行われ、ピリピリした雰囲気に!


個人的には、このことでプラスになることはあっても、マイナスになることはないと思います。

結婚してからの方が、東山の好感度が上がったように感じるからです。

スポンサーリンク


木村は、本当に今後バラエティに力を入れていくのでしょうか?

注目ですね。


[人気の芸能ニュース]

・8.6秒バズーカーに違法行為自慢の過去!イタすぎるはまやねんこと浜根亮太の素顔
人気ブログランキング4位(芸能スクープ、今旬ナビ!!)

・藤原紀香失言!バスガイドは「底辺」発言に女性から大ブーイング〔画像〕
人気ブログランキン6位(ワイド芸能ショー)


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界の噂



banner01

このページの先頭へ