視聴率低迷の「いっぷく!」終了も後継番組でTOKIO・国分太一が起用!?

TOKIO・国分太一がMCを務める「いっぷく!」(TBS系)が、3月末で打ち切られることが決まったといいます。

期待されてスタートした同番組ですが、わずか1年での終了となります。

しかし、後継番組も国分が起用されるというのです。
geinouranking






<関連商品>
男子ごはんの本(その6)


終了の原因は、やはり視聴率の低迷だといいます。

同じ時間帯には、「スッキリ!!」や「とくダネ!」など強力なライバルが存在する厳しい放送枠です。

「いっぷく!」は、2~3%という視聴率しか取れませんでした。

情報番組からニュース番組へと大幅に内容が変更されるなど、テコ入れされましたが、あまり効果はなかったようです。

これでは、さすがに継続は難しいですね。


芸能 年間TV出演本数、国分太一が初の栄冠 設楽統は3連覇逃す
geinou reading
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking


1月には、アシスタントが枡田絵理奈アナから吉田明世アナへ変更されました。

枡田アナの結婚に伴っての変更だと考えられます。

それなら、枡田アナに無理を言って、3月末まで頑張ってもらった方がよかったですね。

まだその時は、番組の終了自体が決まっていなかった可能性が高そうですが。


1番不可解なのが、後継番組のキャスティングだといいます。

何と、国分は後継番組でも起用されるというのです。

普通、低視聴率が原因で終了したのですから、当然責任を取らされる形でクビになります。

しかも、国分以外は全員はクビだといいます。

それなのに、国分だけが続投するというのですから、何か裏事情があるとしか考えられませんね。


これには、ジャニーズ事務所内の派閥争いが関係しているというのです。

嵐や関ジャニ∞などを率いる藤島ジュリー景子氏と、SMAPやキスマイを率いるI女史が派閥争いを繰り広げていると言われています。

先日、「週刊文春」のインタビューで、メリー喜多川氏は「派閥はない」と、派閥の存在を否定しました。


芸能 業界を騒然とさせたメリー喜多川氏の発言!ジャニーズではほとんど影響なし!?
geinou ranking
geinou reading
→ geinou ranking
geinou ranking


しかし、テレビ局はやはり派閥を気にしてしまうようです。

どちらかと言うと、TBSは中居正広や木村拓哉を起用するなどSMAPとの結びつきが強いです。

明らかに、ジュリー氏よりI女史の方を優先させてきたように感じられますね。

今後は、ジュリー氏とのパイプも強固なものにしておく必要が出てきたようです。
芸能ブログ 芸能裏話・噂


そこで、昨年「いっぷく!」に起用されたのが国分だったわけです。

このような事情があるので、視聴率が少々悪くても国分を切るようなことはできないのです。

そのため、「いっぷく!」はこのまま継続されるとみられていました。

しかし、TBSはこの低視聴率番組を何とかしないとまずいと考えたのでしょう。


(以下引用)

「TBSにとっても今回は苦渋の決断。その“罪滅ぼし”か、後継番組でもメーンを張る国分さんのアシスタントとして、ジュリー派の『関ジャニ∞』から1人起用するとウルトラCがささやかれている」(前出関係者)という。

(東スポWebより)


TBSは「いっぷく!」を終了させても、国分を続投させれば、ジュリー氏とのパイプを失うことはないと判断したようです。

そのため、国分を後継番組に起用することにしたのでしょう。

関ジャニ∞から1人起用するそうですが、誰になるのでしょうか?


果たして、これで後継番組の視聴率は大丈夫なのでしょうか?

少し不安です。

これが本当なら、ジャニーズのご機嫌取りにテレビ局は大変ですね。


芸能 嵐よりSMAPを取ったTBSが大ピンチ!?I女史との蜜月関係が裏目に!
geinou ranking
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading


[人気の芸能ニュース]

・安藤美姫、妊娠していた!モロゾフが告白「ミキは私の子を身籠った。私との挙式をドタキャンした」衝撃の事実!
人気ブログランキング1位(エンタメSCOOP)

・多部未華子、整形疑惑!目頭切開してるwww画像
人気ブログランキン9位(エンタメ裏Max)


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界の噂



banner01

このページの先頭へ