SMAP・木村拓哉が年間視聴率1位のタイトルを奪われたテレ朝の「ドクターX」の放送枠に電撃移籍!?

ドラマ「HERO」でキムタク復活を印象付けたSMAP・木村拓哉

その木村が、4月クールにテレビ朝日で、初めて連続ドラマに出演することが内定したと週刊文春が報じています。

これは、一体どういうことなのでしょうか?
geinouranking





<関連商品>
HERO Blu-ray BOX(2014年7月放送)【Blu-ray】



この話だけを聞くと、木村がテレ朝でドラマの主演を務めるという記事で、たいしたことがないように感じてしまいます。

あれだけの大物なのですから、いつかはテレ朝で主演を務めても不思議ではありませんからね。

問題は、放送枠だといいます。

その枠は、木曜日の9時枠だというのです。

もうお気付気の方もおられるかもしれません。

そうです。

米倉涼子主演で大人気だった「ドクターX~外科医・大門未知子~」が、放送されていた枠です。


「ドクターX」は平均視聴率22.9%(関東地区・ビデオリサーチ社調べによる/以下同)で、民放連続ドラマの年間視聴率1位に輝きました。

昨年の最高視聴率27.4%を記録した、大ヒットドラマでもあります。

実は、木村の「HERO」は「ドクターX」に抜かれるまで、民放連続ドラマの年間視聴率及び最高視聴率ともに1位でした。

最後の最後に、「ドクターX」にやられたのです。

木村が悔しい思いをした因縁の相手のなのです。


芸能 【ドクターX~】今年の最高視聴率27.4%を最終回で記録!平均視聴率22.9%は今年の民放連ドラでトップ!
geinou reading
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking


今回、木村がその因縁の相手の放送枠に電撃移籍することになったのですから、業界でも驚きの声が上がっているようです。

木村と言えば、フジテレビの月9というイメージが強いですが、今後はテレ朝の木9に変わるかもしれません。

今までのパターンでは、年に1回のドラマ出演を、フジテレビとTBSで交互に出演していました。


芸能 SMAP・木村拓哉がテレ朝のドラマに出演した裏事情とは?I女史は木村を生かしきれない局には見切りをつける!?
geinou ranking
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading


普通に考えると、今回はTBSの順番だったのですが、どうしてテレ朝に変わってしまったのでしょうか?

やはり、TBSの前作の「安堂ロイド」の大コケが、影響しているのかもしれないといいます。

あれで、一気に木村サイドが窮地に追い込まれましたからね。

もし「HERO」が大ヒットしていなければ、木村の俳優生命が終わっていたかもしれません。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、それぐらい危なかったと思います。


木村サイドは、打開策を考えたようです。

「ドクターX」の枠は、視聴率が取れやすいと判断したそうです。

昨年の3月にスペシャルドラマ「宮本武蔵」に出演した時と同じプロデューサーが、新ドラマを担当するというのも大きなプラスになっているようです。

必ずしも、放送枠だけで数字が取れるわけではないと思いますが。
芸能ブログ 芸能裏話・噂


テレ朝と言えば、「相棒」「科捜研の女」など刑事ドラマというイメージが強いですね。

刑事ドラマだけではなく、医療ドラマなど職業ものが多いように感じます。

木村は、これまでにいろいろな職業の役を演じてきました。

レーサー、検事、総理大臣、アイスホッケー選手、美容師など。

今度は、どのような職業の役を演じるのでしょうか?

ヒロイン役には、石原さとみの名前が挙がっているようです。

あくまで噂なので、どこまでが本当なのかわかりませんが、期待したいですね。


芸能 ジャニーズとテレ朝との間には深い縁があった!里帰りしたSMAP・木村拓哉が「宮本武蔵」で巻き返しを図る!
geinou ranking
geinou reading
→ geinou ranking
geinou ranking


[人気の芸能ニュース]

・観月ありさ、セレブ恋人がプロポーズに贈った「1億円の指輪」!
人気ブログランキング6位(ズバリ裏芸能)

・「ガキ使」効果絶大!遠藤主演映画「バスジャック」DVDランキング急上昇 !!画像。
人気ブログランキン27位(タレコミ 芸能 掲示板)


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界の噂



banner01

このページの先頭へ