今年の紅白歌合戦は徹底的な“嵐推し”!?

今年の紅白歌合戦で白組のトリを務める

NHKが、当初から描いていたプランどおりではないといいます。

これは、一体どういうことなのでしょうか?
geinouranking





<関連商品>
懐かしのNHK紅白歌合戦(CD)【演歌・歌謡曲 CD】



25日に、紅白の曲目と曲順が発表されました。

松田聖子が、大トリで「あなたに逢いたくて」を歌うことになりました。

嵐は、白組のトリで「2014 Thanks Medley」を歌います。


今回の紅白は、まず誰が司会に選ばれるのかで注目されました。

V6・井ノ原快彦や岡田准一の名前が挙がっていました。

この2人は、NHKに大きく貢献しているので、可能性があるのではとみられていました。

しかし、ふたを開けてみると、今年も白組は5年連続で嵐でした。
芸能ブログ 芸能裏話・噂


よくよく考えてみると、嵐は今年デビュー15周年です。

その記念の年の紅白で、白組の司会から外されると、記念イヤーが盛り上がらずに終わってしまいます。

やはり、最後は紅白で司会を務めて、盛り上がって今年を締めくくりたいとジャニーズ事務所が考えてもおかしくはありません。

選ばれるべくして選ばれたという感じでしょうか?


V6は、20周年の記念イヤーがスタートしています。

同じ理由で、V6の来年の紅白出場も確実ではという声があります。


芸能 V6の「紅白歌合戦」出場に疑問の声!?来年の出場も当確!?
geinou ranking
geinou reading
→ geinou ranking
geinou ranking


では、NHKが当初から描いていたプランとは、どのようなものだったのでしょうか?

それは、嵐を紅白で推しまくるために、嵐を大トリに据えるというものです。

しかし、ジャニーズ事務所は、このタイミングでの大トリは重過ぎると判断したそうです。

昨年が北島三郎で、今年が嵐となれば、反発が予想されるので、ジャニーズ事務所はそれを避けるために大トリを引き受けなかったとみられています。

そこで、一歩引いたトリに落ち着いたようです。

次に問題となったのが、それでは誰が大トリを務めるかということです。

ジャニーズ事務所側が、松田を要求したというのです。

それには、理由があるようです。

石川さゆりなどのような大物では、嵐が目立たなくなってしまいます。

ましてや、AKB48に大トリを取られても困ってしまいます。

もっとも都合がよかったのが、松田だったそうです。

よくわかない理由のように感じますが。


芸能 【紅白歌合戦】嵐の5年連続の司会は既定路線だった!?裏テーマは「嵐の勇退」!?
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking


嵐を大トリにというプランは実現しませんでしたが、それでも嵐推しにはかなり力を入れているようです。

発表された曲目・曲順の一覧を見れば、明らかだといいます。

嵐の出番の多さに驚きます。


白組の司会ということで、当然歌手の紹介のため、その都度登場します。

「嵐meets妖怪ウォッチ」と題して、全部で2回登場し、「ようかい体操第一」「ゲラゲラボーのうた」などを披露します。

そして、白組のトリで自身の曲を歌います。

エンディングで、嵐「ふるさと」を全員で歌うことになっています。


出まくり状態です。

今回は、NHKは嵐と心中するぐらいの覚悟があるようです。

まさに嵐中心の紅白です。

今まではここまで嵐を推していなかったそうですが、エンターテインメント番組部の部長が変わり、推すところはとことん推して、中途半端なことはしないという方針になったそうです。

そのため、今回はとことん嵐を推すというのです。


これが、吉と出るか、凶と出るかです。

本番を楽しみにしたいですね。


芸能 さすがさぶちゃん、大人のコメントです!

北島三郎、大島優子の紅白歌合戦でのAKB48卒業発表に本音
geinou ranking
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading


[人気の芸能ニュース]

・入籍!向井理&国仲涼子が大安の28日婚姻届提出!ネットでは祝福の声
人気ブログランキング1位(エンタメSCOOP)

・元パイレーツ浅田好未の子供がめちゃくちゃ可愛いと話題!画像
人気ブログランキン10位(ズバリ裏芸能)


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界の噂



banner01

このページの先頭へ